<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Bloomberg Televisionその後

スカパー光でこれまでBloomberg Televisionを見ていたのですが、スカパーは日本語放送のみならず放送は今後も継続する英語放送までも打ち切ってしまうということで、スカパーは4月末で解約することにしました。

さて、これからどうしようかなと思っていたところ、念のため地元のケーブルのホームページを除いたところ、トップページからしてこんな状態でしたw
b0102654_732698.jpg


金融関係者とエクスパットの多く住む港区をカバーするケーブルならではの反応といったところでしょうか。

ケーブルがやってるからって、うちのマンションにすぐ引けるかどうかは別問題なので、果たして無事自宅にBloombergが再度やってきますやら。

どなたか、日経CNBCではなく、 CNBCを日本で見る方法ってご存じないでしょうかね?
[PR]
by linate | 2009-04-28 07:10 | マーケット雑感

モラルハザード

ここを読んでいて思ったのですが、やっぱりGSがTARPマネーを返すのはまだ早いよなあと。汚い言葉で言っちゃえば、目が$マークでぎらぎら血走ったプロップトレーダーやプロップインベストメントデスクを「猿にマシンガンを持たせて野に放つ」ようなマネをしていいのかってことです。金融機関のリスクの取り方とかその規制のあり方、報酬文化についての議論がまだ収束するのにほど遠い状況で。FTの記事にもあるように、GSはtoo big to failのステータスを好む好まざるに関わらず持ってしまっているわけで、GSがまた突っ走って破綻の縁にでも追いやられたらまた公的資金で救わざるを得ないわけで。GSだから大丈夫だなんてもう誰も信じてないし。

CEO自らエクイティストーリーを投資家に向けて語ることもできなかったくせに、ああいう増資の仕方をされると、もはや会社としての信頼はもう失っちゃいましたね。
[PR]
by linate | 2009-04-16 23:48 | マーケット雑感

それ何て計画経済?

これまでいくら中国とはいっても8%成長は不可能だという論調が支配的でしたが、ここ最近のベアマーケットラリーの中で「中国は財政刺激策が効果が現れ始めており8%成長が現実のものとなりつつあるという」意見をちらほら見かけるようになりました。

でもって、今日、ブローカーの中国経済に関するレポートを読んでいて気になった一節を引用します:
国有企業や政府の意向が強く反映される業界では、雇用維持のために事業所の操業が半ば強制的に続けられている。例えば、吉林省の自動車工場や青島の家電工場では年初から増産が続けられている。これは、中央政府が09年の成長率目標を8%前後としたため、地方政府も目標達成のために生産を拡大する必要が出てきたためである。




これは40年前の中国ですか? いえそうでもないようです。「09年」という数字が書いてあります。

で、成長目標の達成のために生産された商品を誰が買うのですか? 誰が在庫を引き受けるのですか? その在庫が解消される見込みは? 

目の前が真っ暗になってきました。
[PR]
by linate | 2009-04-06 22:43 | マーケット雑感


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧