<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

セルサイドアナリストの悩み

欧州では既往投資先企業、新規投資先候補企業を相当数自分の足でまわってきました。その一部の企業についてはアポ入れをお願いした証券会社のアナリスト、いわゆるセルサイドアナリストと訪問しました。

彼は年も近いこともあって、投資アイデアに限らず、結構ざっくばらんに自分のキャリア観や今のお互いの仕事についていろいろと、移動中や食事中に話しました。その中で彼のチームが新たなメンバーを迎えることが出来たという話から、最近いかにセルサイドアナリストのリクルーティングに苦労しているか、という方向に話が展開していきました。

現在3人でまわしている彼のチームには、以前はさらにもう1人在籍しており総勢4人でセクターをカバーしていました。その1人が退職して以降1年程度の長きにわたり、募集を試みるもなかなかいい人材が確保できずに苦労したそうです。その最大の理由はセルサイドアナリストという職業がかつてほど「セクシー」な仕事ではなくなってしまったからというのは彼の分析。

確かに、まず報酬面から言えば、投資銀行業務との兼務が禁止され、かつてのセルサイドアナリストの報酬の相当部分を占めていた投資銀行部門からの報酬が一切なくなり、バイサイドアナリストよりはまだ高いとは言え、金融業界の中でもセルサイドアナリストの報酬水準はさほど高いものではなくなっています。投資銀行部門の報酬なき今、セルサイドアナリストとしての実力=顧客からの支持の高さが彼らの唯一の報酬の評価基準になります。具体的には、Institutional Investor等のアナリストサーベイでの高い順位や、顧客であるバイサイドのブローカーレビューでの高い評価を得ることがセルサイドアナリストが高い報酬を得るために最終的に必要な要素になります。そのためには、興味深いレポートを出すだけでは不十分です(ベテランにはそれだけでやっている職人肌のアナリストもいるにはいます)。キーとなるバイサイドのFMやアナリストに頻繁に電話をかけてアイディア提供し、「マーケティング活動」と呼ばれる顧客を訪問してのプレゼンテーションを行い名前を売り、顧客からの情報提供のリクエストがあればきめ細かくそれに応じるなどもこなさなければなりません。それをこなした上で、バイサイドを上回るクオリティでのリサーチ活動を行わなければ、そもそもの彼らの存在意義が問われることになります。まとめるならば、リサーチ+営業+クライアントサービスの3つが彼らの業務の主要な柱になります。これら全てを高いクオリティでこなそうとすると、どうしても労働時間は相当にdemandingなものになってしまいがちです。

要するにセルサイドアナリストは、報酬面でかつてほどの魅力が失われてしまった中、投資銀行業務がなくなったものの営業活動へのエクスポージャーが増えたことで労働環境の厳しさは相変わらずです。そうした環境の変化がセルサイドアナリストのモチベーションを失わせることになり、セルサイドから去ってしまうアナリストを相当見るようになったとは同行してくれたアナリストの話。セルサイドを去ってどこに行くのかというと、ヘッジファンドなどのバイサイドに「顧客」の立場に転身したり、アナリストそのものを廃業して企業のIR部門などが主な行き先だそうです(確かに、アナリスト出身のIRはアナリストがどんな情報を欲しているかを熟知しているので話が早いことが多く、有り難い存在ではあります)。確かに私もセルサイドのリサーチ以外の活動に対するエクスポージャーに対する不安があり、セルサイドとバイサイドの両方のオファーをもらったとき、バイサイドを選択することになりました。

しかしながら、一般的にはセルサイドのアナリストはリサーチの品質の維持のために担当している企業数はバイサイドのアナリストに比べて少ないことから、個別企業の知識については一般的にはバイサイドアナリストよりも強いように思います。顧客からの厳しい評価にもまれて生き残ってきた人については特にそれが言えます。バイサイドでのリサーチ機能の強化により、セルサイドアナリスト不要論もささやかれる昨今ではあります。しかし、それでもある日突然セルサイドのアナリストが本当にいなくなってしまったら途方に暮れるバイサイドは相当いるというのが実感です。バイサイドアナリストの質はセルサイド以上に玉石混合です。私もまだまだ駆け出しのアナリストですので、セルサイドのアナリストの知識に助けられている部分もあるのは事実です。特に私は日本にいながら海外の銘柄をリサーチしていますので、現地の細かい情報はどうしても彼らに頼るところが大きいです。一方で、私のスタンスは自分の投資ストーリーを組み立てるにあたって必要なファクト、データ、インフォメーションを彼らに求めており、彼らの投資判断や投資アイディアは重要視していません(これでも一応アナリストですので…)。

個人的にはセルサイドアナリストの役割が終わったとは思っていません。自分の人生観やキャリア観もあって自分がセルサイドに身を置きたいかどうかは別にして、彼らがモチベーション高く仕事をしてくれるよう、満足行く報酬を得て欲しいと思います(実際には収益に対する明確的な貢献の不明な彼らは、投資銀行内部ではコストセンターと見なされることもあるらしく、なかなかそうはいかないようです)。

あんまりセルサイドアナリストのネガティブな側面ばかり書いてしまいましたが、ポジティブな側面も当然あります。個人的に感じるのは以下の点でしょうか。

  • 経営陣へのアクセスがある(弱小バイサイドにとってCEOとの1-on-1は夢のまた夢です)
  • 自分の名前でマーケットに対して意見を発信することができる(その代わりプレッシャーは大きいです)
  • 多くの投資家と接することによりマーケット全体を俯瞰できる(我々は我々とブローカーの意見しか知り得ません)
  • 決算カンファレンスコールで質問できる(表面的にはバイサイドも参加する権利はありますが、質問をしようとしても企業側に無視されます)

[PR]
by linate | 2007-11-25 00:30 | マーケット雑感

La grève nationale!

日本でも報道されているので皆様ご存じの通り、フランスはスト中です。鉄道の運行本数が大幅に削減されていることもあり、朝晩のラッシュ時の道路網の渋滞はそれはもう悲惨です。私は時間に余裕を見て出かけていたので、私の仕事のスケジュールには影響はありませんでした。しかし、先方曰く、出社できない社員が多いだとか、朝のミーティングに結局来れなかったクライアントがいたとかで、社会生活への影響は相当大きいようです。

最も現在大規模にストを展開しているのはフランス国鉄SNCF、パリ市交通局RATPをはじめとする鉄道系労組で、これがフランスの市民生活を直撃しています。20日からは鉄道に加えて教育、郵便、通信や病院関係者のストも開始される見込みです。鉄道、学校、病院等と並べておわかりの通り、公務員のストなんです。勤続37年で年金の受給資格を得るところを、一般企業と同じ40年への引き上げに反対してのストということで、一般国民から見れば公務員優遇がなくなるだけの話で、市民生活を縦にとっての公務員優遇策を維持しようという労組に対する指示はあまり見られません。ストというのはある程度、関係のない市民に対しても犠牲を強いる側面があり、ストに突入するには市民が納得する十分な理由付が必要だと個人的には思いますが、今回の公務員ストは必ずしもそうした国民合意があるわけではなく、このままストを続ける度胸が労組側に果たしてあるやいなや。「それがフランス人だよ」と自嘲気味に言ってのけるフランス人もいましたが。それにしても社会的に優遇されがちな公務員に対する冷ややかな目というのは洋の東西関係ないものであるなと。

b0102654_7151572.jpg
いつ来るやもわからないメトロを待ちながら。

(追記 2007年11月24日)
タイトルに定冠詞を加えました。
[PR]
by linate | 2007-11-20 07:20 | その他

青い!

b0102654_3411388.jpg


ロンドンのイギリス人に、「明日からバルセロナに行くんだ♪」と言うと、一様にうらやましげな表情をされた理由がわかるような気がする。
[PR]
by linate | 2007-11-18 03:42 | その他

UKの英語

Queen's Englishなどと呼ばれて一部の人にはさも正当な英語で有るかのように言われているUKにおける英語ですが、実際に来てみると人によっていろんな訛りがあるのに驚かされます。

UKでは階級によって喋る言葉が違うとか言われていますが、ベッカムの喋るアクセントでも知られる、コックニーなどは典型的なロンドンの労働者階級のアクセントとしても有名ですよね。オーストラリアの英語はこのコックニーの影響を色濃く残しているとも言われています。一方で、それなりに教育を受けていると思われる、私がつきあいのあるような金融の人間でも、人によって訛りは千差万別です。BBCで聞こえてくるような、癖のない英語を喋る人には現実ではあまりお目にかかることは有りません。

だもんで、正直UKの人間の喋る英語は苦手です。何言っているかわからないです。UKよりはるかに人口も多く国土も広い割にはアメリカの英語の方が地域差とか階級差を感じないので私は楽に感じます(黒人特有の訛りとかは有りますが)。

カンファレンスではイギリス人に限らず欧州各国からのスピーカーの言葉を聞く機会に恵まれますが、UKっぽい訛りか、アメリカっぽい訛りかでその人の教育や職業上のバックグラウンドの一部がかいま見えたりして面白いです。
[PR]
by linate | 2007-11-16 04:23 | その他

ロンドンの物価

現在はバルセロナにいますが、今日までロンドンにいました。本当は今日からカンファレンスがあるため昨日の夜にはバルセロナに入るはずでしたが、ヒースローから乗るはずだったイベリア航空がエンジン故障でフライトキャンセルになり、そのままヒースローで1晩を過ごすハメになり、今日丸一日をフイにせざるを得ませんでした。と、これ以上書くと文句と愚痴ばかりになりそうなのでこの話はもうやめます。

で、タイトルの件です。

言うまでもなく、円安のおかげでロンドンの物価が高くてしょうがなくてろくに買い物もしませんし、満足な食事もとってません。ふと考えたのですが、ポンド高じゃなかったとしたらロンドンの物価はどうなんだろう?と。私が学生の頃はGBP1.00=JPY180程度だったように記憶しています。それを街のあちこちで見かけたプライスに180をかけたとしても、それでもやっぱ高いじゃん、と思うことが多かったのです。例えば500mlのコークのペットが£1.20って180円だとしても200円を超えているわけで、どこでどうやったらそのプライスをつけられるわけよ?と。一時期日本では「価格破壊」なんて言葉がもてはやされ、異常に高かったとされる物価が修正される局面がありました。ロンドンでも裁定の働きやすそうな商品に関してはそのうち修正される局面が来るのではないかと思っているのですが。

ただ、一方で日本が相対的にですが貧しくなったなあとも思います。給料全然上がってないどころか、下がったまんまですからね。途上国からの挑戦を受けやすい製造業の存在感が大きく賃金もそれとの相関が発生してしまう日本と、金融とサービスセクターの存在感が大きいUK、という違いでしょうかねえ。

同時に、金融セクター主導の好景気はまだまだ続いているなという感じはしましたが、Heathrowのイミグレーションを抜けた後の待合いロビーにキャビアバーがどかーんと出店しているのを見るに至っては「これはバブルだ。バブルに違いない。どこかで破裂しないわけがない!」と根拠なき直感が私の中を突き抜けました。
[PR]
by linate | 2007-11-15 07:50 | その他

欧州出張

今日から2週間欧州出張に出かけます。
出張先で気づいたことでもアップ出来ればいいなと。
[PR]
by linate | 2007-11-11 02:11 | 仕事

まだこんなのがニュースになるんですね。

さっき日経のサイトをなんとなく眺めていたら目にとまった記事ですが、未だに長プラ(長期プライムレート)の変動が記事になるんですね。長プラ貸しなんか今時やってるんですか? 都銀だと短プラ貸しはやってるみたいですが、私がまだ銀行員をやっていた頃ですら大企業なんかTIBORベースかLIBORベースにすでに移行しきっていたように記憶しています。

金融債での資金調達と長プラでの運用が車の両輪のようにワンセットであり、長プラは文字通り「指標金利」だった時代がありました。今は普通社債での調達に切り替わってしまいその金融債の調達がなくなってしまい、長プラ自体も誰にも利用されない「遺物」であるのにこうしてマスコミに報道され続けている。実は私が知らないだけでそれなりに重要な意味を持つ領域があるのでしょうか? ていうか、そもそも長プラは、発行済み金融債の実勢レートに基づき決定される新発金融債の利回りに90bpを乗せたものが改訂後の長プラのレートでしたから、今は長プラはどうやって決めているんでしょうか?

ちなみに長信銀には「金融法人部」あるいは地方支店には「金融法人課」というものが存在します。地銀や信用金庫に対する営業を所管する部署です。私が銀行員になった頃は、仕組み債や機関投資家向け私募投信、大企業向けシンジケートローンやローンパーティシペーションを慫慂(個人的に懐かしい単語です)するなど地銀や信金に対して提供できる商品ラインナップもそこそこ増えていました。しかし、事業法人と違い融資を殆どすることがないので煩わしい与信管理がなく、暇そうな部署でした。そもそも金法という部の大元の存在理由は、発行する金融債を地域金融機関に買って頂くことでした。金融債は毎月発行されていましたが、毎月毎月営業することはありませんでした。資金を調達する長信銀の側からしたら毎月毎月調達できる資金に変動が生じるのはいろいろと不都合が多いので、年度が始まる前に翌年度に毎月購入する一定金額を決めてもらってしまうという「ベース取引」という取引慣行が存在したからです。その昔の金法担当者が働くのはこのベース取引の金額を決める年度末だけで、あとはまた翌年のベース取引がスムーズにいくように接待に明けくれるという時代もあったようです。地方はそのためだけに人を配置できた時代があったのです。

(参考:日経記事)
[PR]
by linate | 2007-11-08 21:14 | 銀行員時代

巨大ディールは戻ってくるのか?

下の参考記事を見て頂ければわかりますが、ようやくクライスラー買収ローンの販売が終了したようです。話を聞かなかったのでもうとっくに売り切ったのかとばかり思っていたのですが、銀行団のバランスシートに乗っかったままくすぶっていたようです。ディスカウント販売はともかく、バンクローン$10bnのうち$2.5bnを返済までさせていたとは。

First Dataのディールが先日クローズし、それを以って巨大ディールの復活への道が開けるのではないかという論調もありましたが、私はそのスタンスには懐疑的でした。First Dataが終わっても、BCE、Alltel、Clear Channel、TXU等の数百億ドル単位のバリューのディールが全然片づいておらず、これらが片づかない限り新たなディールは発生のしようがありません。クライスラーとFirst Dataのローンをディスカウントしながらどうにかこうにか販売し終えられたという状況では、イケイケドンドンの状況で契約されたハイレバ・ロースプレッドの案件に喜んでさらに食いついてくるアペタイトが保険会社やヘッジファンドなどの投資家の側にあるとはとても思えません。私は以前はLBOデットの投資家の側にいました。経済指標や象徴的な企業の決算一つで1日でマインドをベアからブルに、ブルからベアにあっさり振ることをいとわないエクイティの投資家とは違い、デットの投資家は一度ベアに入るとブルに戻るまでには相当の時間を要します。フロント部門の士気低下もさることながら、一時はフロントに圧倒されて案件を承認してきた各社クレジットコミッティーも審査基準をタイトにしている模様です。

何より、今後のディールメイクという意味では、商業銀行や投資銀行にHY債やローンをアンダーライトする体力も残っていないのではと思います。最近のネガティブな決算関連のニュースフローを見ている限りでは。投資銀行部門でのレイオフもすでに始まっているみたいです。

BCE、Alltel、Clear Channel、TXU、これらの案件って本当にクローズできるのでしょうか。

(参考:Bloombergの記事)
[PR]
by linate | 2007-11-07 23:32 | マーケット雑感

ペトロチャイナ上場

最近ブログのアップデートをご無沙汰しておりました。ネタがないわけではないのですが、出張が立て続いたり、CFAのLevel 3に向けての準備が本格化したり、個人的にもいろいろ忙しかったりと、ブログまで手が回っていませんでした。もう今日のポストは自分の存在だけを証明するためのアップデートです。

で、サブジェクトの件です。

今日いよいよペトロチャイナが上場しましたが、公開初値の2倍にまで1日で上昇したとか。ありきたりなコメントですが、エクソンよりペトロチャイナの時価総額が上だなんて、もはや狂気以外の何者でもないですよね。セルサイドのアナリストはこの時価総額を正当化するために、言訳を必死で考えているところなんでしょうか。いくらブローキング部門と投資銀行部門の間のウォールが昔に比べて厳しくなったとはいえ、中国という市場を相手にしている以上は、アナリストは初っぱなから「こんな株価はあり得ない」なんてファーム全体の利益や、自分自身の今後の取材活動のしやすさを考慮するとなかなか言いづらいでしょうね。

(参考:日経記事)
[PR]
by linate | 2007-11-05 22:24 | マーケット雑感


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

タグ

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧