<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

支店担当者と審査部

昔の銀行員の頃のことをお話ししてみようかと。

私のいた銀行はメガバンクの一つで、入行時の銀行の名前はもはやこの世には存在しません。銀行で働く行員にはそれぞれのカラーがあるなんて言いますが、個人的に一番端的にその銀行のカラーを示していると思っていたのが支店担当者と審査部の関係でした。簡単に言うと、ある銀行は審査部が支店に対して優位である一方で、ある銀行は支店の力が強いというものです。

企業に融資をしようとする場合、ちゃんと金が返ってくるかどうか審査、いわゆるクレジット判断をしなければなりません。この「審査」する主体は審査部だけが担うものではなく一次審査は案件の担当者自身あるいは支店自体が実施するものであり、審査部は第三者的視点から案件を再チェックする存在であると「べき論」として入行時研修で普通はたたき込まれるかと思います。企業格付や融資金額によっては審査部に上げる必要もなく、支店長のゴーサインだけで済む場合もありますが、それは審査という行為をすっ飛ばしているわけではなく、審査権が支店長にdelegateされているものであるという建前でした。

銀行によってはこの支店へのdelegateの度合いが大きく、数億円単位の案件でも支店で決裁可能な銀行もある一方で、億単位の案件はまず間違いなく審査部決裁になってしまうと言う銀行もありました。細かく言うと、都銀には同じ銀行内でも明確に支店がランク付けされていて、ランクの高い支店や本店営業部は決裁出来る金額が大きく、ランクの低い支店はちょっとした金額でも審査部決裁を必要としていました。さすがに行員が1万人以上もいて、支店が3桁も存在すると信用できない奴もいるし、能力のある行員やベテランで信頼感のある支店長は大きな支店に配属されているという判断からああいう制度になっているのでしょうか?(これに限らず都銀は性悪説に基づいているとしか思えない制度が結構存在しました)

で、本題ですがいざ案件規模が大きく、いよいよ審査部と対面する時に銀行特有のカラーが象徴的に現れている場面が出てきます。合併直後に、ある銀行出身の行員が審査部案件となった案件について支店の担当者自身が審査部に電話をかけたところ、審査役でも何でもない審査部の担当者が
「え?担当者がかけてくるの?普通課長がかけてくるもんでしょ?」
とまあ偉そうなことをぬかすので、私の知り合いマジ切れ寸前だったそうです。と斯様に、ある銀行では審査部は支店を指導してやる立場だし、支店の案件を決裁してやる立場なので、審査部は絶対でした。審査部に案件を決裁して「頂く」ために、審査部の指示は絶対だし、審査部から電話がかかってくると担当者は相当緊張したと聞きました。

一方で、またある銀行は「稼ぐ人間=営業が一番偉い。審査部なんか営業の出来ない連中の掃き溜め」という認識を持つ人がいるくらい営業優位の銀行でした。その銀行の営業担当者は案件が決裁されないなんてことはハナから想像だにしていません。支店の担当者が審査を恫喝なんてこともあったそうです。別のパターンでは審査部が決裁を渋る案件について、審査役あるいは審査担当者の先輩である支店長/部長が直接電話をかけて
「ね~、あの案件はんこ押してくれたぁ?」
と反則だろって圧力をかけることもあったとか。私はその営業優位の銀行出身なのですが、そういう審査と支店の関係性とかカルチャーがこの銀行を破綻寸前にまで追いやったんだろうと思っています。
[PR]
by linate | 2007-06-15 20:50 | 銀行員時代

Prudential Equity Group閉鎖

先週の米国時間水曜日にPrudentialの株式リサーチ・ブローキング部門であるPrudential Equity Group (PEG)の突然の閉鎖が発表されました。

東京にもオペレーションを持っていたので、外株の自前運用を続ける運用会社はPEGとつきあいのあったところも結構多いと思います。

PEGは投資銀行事業を持たずセカンダリーのみに注力することにより、リサーチの中立性をアピールしていました。アジア太平洋地域でもCLSAが同様にプライマリーには手を出さずセカンダリーに注力するというビジネスモデルを確立しています。CLSAは優秀なアナリスト陣を擁しておりそのリサーチのクオリティの高さには定評があり、それがCLSAのビジネスモデルを成功させている要因とも言われています。

しかし、Prudentialの証券ビジネスの場合はどちらかというとドットコムバブル後に投資銀行部門を閉鎖してしまった結果として、セカンダリーのみのビジネスになってしまったという感じだと思っています。Prudentialの中でもPEGの利益貢献度は非常に低く利用可能なリソースも少ないのかInstitutional Investors誌のアナリストランキングに掲載されるような有名なアナリストの陣容は他社と比べると見劣りしていたように思います。PEGが売却ではなく閉鎖という結果になってしまったのも、利幅の薄い普通の株式の売買仲介が収入の中心で、GSのように利益率の高いヘッジファンドのプライマリーブローキング顧客を殆ど持っていなかったからで買い手がいなかったのでしょうか。もしPEGのアナリストが欲しければ会社丸ごとではなくアナリストを一本釣りすればいい話でもありますし。

私の担当セクターのアナリストの行方も気になります。景気もいいのでバイサイド/セルサイド問わずポジションはすぐに見つかるとは思いますが。

(PEG閉鎖の記事は以下)
[PR]
by linate | 2007-06-10 21:58 | マーケット雑感

L2終了

といっても合格したわけではなく試験を受け終わっただけです。Schweserのテキストを捨てる勇気はありませんでしたが、LaTeXで組版して作ったオリジナルのスタディノートは渋谷駅のゴミ箱に捨てて帰りました。

L1の時は午前中は手応えはないものの午後に挽回したような感触がありましたが、今回は逆でした。午前の方が感触あったのですが(周囲の声を聞いてみると簡単だったという人が結構)、午後のAsset Valuationではまってしまい(別に難しい問題ではなかったのですが、本文中に書いてある必要なパラメーターを見すごしてしまい「これじゃ解けん!」とずっとうなっていました)、結局は全問解答したものの、Asset Valuationで時間を浪費してしまったため焦って「冷静に考えて」解答できなかったような気がします。特にCAPM/APTのセクションは計算問題ではなく本質を問う問題であったため、あやふやな知識のままで解答してしまったため全く自信のないセクションでした。

7月中には結果が来ますが、また来年も同じレベルの試験を受けるとしたらなんと不毛なことだろうと想像するだにイヤになります。終わったことは忘れたくても何となく陰鬱な気分のままです。

とりあえずまたどこかに旅行にでも行きたいですね(そういえば去年の今頃はドイツを駆けめぐっていたんですね!)。
[PR]
by linate | 2007-06-03 22:33 | CFA


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧