カテゴリ:マーケット雑感( 58 )

こんなもののために…

私の愛するwebOSとPalmは事実上葬り去られたのかと思うと本当にやるせないです。いずれしてもAutonomyの旧経営陣とHPの前CEOレオアポテーカーは法廷でキッチリとその落とし前をつけてもらいましょう。

HP writes down $8.8 billion over 'improprieties' in the Autonomy acquisition (i.e. they lied)
http://www.webosnation.com/hp-writes-down-88-billion-over-improprieties-autonomy-acquisition-ie-they-lied
[PR]
by linate | 2012-11-22 07:31 | マーケット雑感

栄枯盛衰

ふと思い立ったので、バブルの頃と、現在の欧米株のセクターウェイトを見てみました。具体的な期間は2006年3月と2012年7月です。2006年3月がピークだったかわかりませんが、適当です。適当でいいじゃないすか。2006年、十分盛り上がってましたよ。
b0102654_10434362.png

2006年3月のバブルの最中の頃は欧州の金融セクターは何と3割ものウェイトを占めていたということのみならず、その後のバブル崩壊から欧州危機を経て現在では12%も縮小した18%程度に激しく縮小しています。英仏西伊瑞と主要国のほぼ全てで銀行を中心に巨大金融機関が株価的にも苦しみ続けていますので、まあ当然といえば当然。金融は西欧では今でも最大セクターですがそれでも他のセクターと比較して、突出して重要なセクター、というわけでもなくなってしまっております。

北米はバブルの頃でもセクターウェイトは22%だったものが現在では16%と6%の縮小で済んでいます。実際、北米は投資銀行は株価的に苦しんでおりますが、商業銀行のピュアプレーヤーで、バブル前からバランスシートの健全性を誇っていたWFC、USB、PNC等の優良銀行の株価水準はほぼバブル前の水準を回復させているなど、やはり北米の金融セクターはCやBAC等の問題銘柄は一部あったものの欧州に比べると健全さを維持していると言えるでしょう。

ただ、北米の金融セクターは最大ウェイトのセクターの地位をテクノロジーセクターに譲ってしまっております。テクノロジーセクターのウェイト拡大の最大の貢献銘柄は、言わずと知れたAppleですね。 欧州のテクノロジーセクターは北米とは対照的にセクターウェイトを縮小させていますが、これも言わずと知れたNokiaと、Ericssonでしょうね。もともとダメ銘柄だったAlucatel Lucentも相変わらずダメっぷりを発揮しており、産業として欧州の通信業界、本邦民エレセクターと同様非常に厳しい状況に追い込まれています。

欧米で共通しているのが、消費安定セクターのウェイトの拡大でしょう。これは欧米共にPackaged consumer goodsの巨大企業(ネスレ、ダノン、ユニリーバ、P&G、ケロッグ等)はグローバル企業が多く、エマージングの成長の恩恵を受けたということでしょうね。

特に今後の投資への示唆もなく、取り留めがなくなりそうなのでこのへんで。
[PR]
by linate | 2012-07-24 10:52 | マーケット雑感

円高→工場流出→貿易赤字→経常赤字→円安→窮乏化?

特に最近在外の日本人からよく聞くビューに、経常赤字が確定すると永遠の円安スパイラルに陥って日本はもう窮乏化の一途だ!ってのが最近増えてますな。て円安がある程度すすめば普通本邦系企業は生産を日本に戻って貿易収支は改善するはずだと思うんですが。日本に生産拠点が戻らない根拠とは。人口は減りますが、それでも絶対的に韓国・台湾や一部東南アジア諸国を上回る若年人口は存在するわけでもありますし。2000年代半ば頃、トヨタは人口減の日本は安定的に円安傾向で推移すると見込んで生産拠点を戻していたなんて過去の事例もあるわけでありまして。
[PR]
by linate | 2012-02-21 15:11 | マーケット雑感

エマージング株式投資は本当にホットなのか?

最近非アジアのエマージング企業もカバレッジを広げておりまして、ちまちまとラ米だのアフリカだのの企業とのミーティングにも顔を出すようになっています。

最近はエマージングで完結した大型のM&Aも話題になる昨今で、エマージング市場への株式投資もホットだぜい!てな記事をあちこちで見かけるわけです。

我々弱小日系投資家は欧米ブローカー主催のカンファレンスで、先進国の大企業との個別ミーティングを取るのは結構難しかったりします。なぜなら、運用残高が少ないことっと回転率が低いせいでブローカー各社に十分なコミッションを払ってないからと、ミーティングする投資家を選ぶ権利が企業側にある場合企業側に認知されてないからです(*)。ところが、エマージングの場合は今をときめいているはずの大企業とのミーティングが1対1であっさり入ったりする場合もかなりあります。そして、グループミーティングの場合の参加者も、ああ、こいつまたいるなあ、とほとんど数少ない投資家同志で顔なじみ状態に陥っていたりします。

と、ここから思うことは、今世界中が注目しているエマージング株式投資も、みんなベータを取りに行っただけで満足してしまっているのではないかなと。要するに、アルファの源泉はエマージングは先進国との比較でまだ残されているのではないかと。もちろんエマージングの個別企業分析・投資には言語や情報密度、規制等様々な難しさや制約条件があるのは事実です。それでもなお、ベータで十分なのは先進国の特に大型株であって、アルファを取りに行くべきはエマージングなのではないかな。そして、実はニューヨークやロンドンでも競合が少ないという現在の状況は、私のようなぺーぺーなエマージング投資家にもそこそこのチャンスが有るのではないかなあと思うに至るわけです。

ただ、一方でエマージングのウェイトはMSCIベースでたった2割。日本の機関投資家からのエマージングアクティブでのマンデートはまだまだこれからという状況。金になるかならないかといえば微妙といえば微妙ではあります。

ということで、エマージング株式投資はある意味ホットに違いない、ということで今日はこのへんで。

* そもそも我々日系投資家のグローバル株におけるプレゼンスの低さは、委託者である年金が外資系の運用会社に委託してしまっており、日系に配分されるグローバル株の運用シェアが低いからというのもあります。
日本人が持つグローバル株へのエクスポージャーはかなり大きいはずです(数字がなくて恐縮です)。日本人のプレゼンスが低い、というよりは、本来日本人としてクレームすべきプレゼンスが外資系の運用会社に掠め取られてしまっているといったところでしょうか。
[PR]
by linate | 2010-11-27 08:33 | マーケット雑感

NYの賃貸住宅相場

家探し中ですが、なかなか希望の価格帯でこれはというのにめぐり合いません。

付き合っているブローカーみんな共通した認識は、マンハッタンの住宅レントは既に下げどまっており、むしろ上昇に転じている地域や物件タイプもあるとのこと。日本は年度の変わり目のこの時期は、米国では何でもない時期なので、例年であれば暇で在庫もだぶつきがちな時期なのに、今年は借り手からの引き合いが非常に多くて仕事も忙しく、在庫も低水準にとどまっているとのことでした。

マンハッタンのレントはご多分にもれずピークから2割程度は下がったようです。マンハッタンのレントのドライバーは一言で言えばウォールストリートの雇用です。ウォールストリートの雇用が伸びる局面では賃料も上がり、逆もまた然りでした。ですので、ウォールストリートの雇用が、削りすぎの補充を越えた本格的な回復を見せるまではレントも本格回復はないだろうと思っていましたので、この局面での賃料相場の反転は意外でした。現在のドライバーはブルックリン、クイーンズ、NJ等郊外からの住み替えとのこと。これまではマンハッタンのレントが高すぎて住みたくても住めず、しょうがなくブルックリン等の郊外に住んでいた人が、ここまで下がったら出せる!ということでマンハッタンの賃貸住宅市場に殺到しているのです。

ただ、彼らメインストリートの人々はウォールストリートの人々に比べると、収入面で劣ることは否めないので、彼らのマンハッタンへの参入が相場の大きな転換点をもたらし、持続的なレントの上昇に寄与するとはなかなか考えられません。私はウォールストリートの雇用の本格的な回復がない限り、マンハッタンのレントの持続的な上昇はないと考えています。

で、ウォールストリートの雇用は今後どうなるのか。ヴォルカーの金融規制改革の最終的な中身を見るまではなかなか、経営者もアグレッシブな人員計画を策定することは難しいのではないか、と今の段階では感じています。
[PR]
by linate | 2010-04-05 10:52 | マーケット雑感

Jiro on Bloomberg

今日、BloombergのDINEを暇つぶしに見ていたところ、東京地域のランキングを見て「おや」と思ったことが一つ。

アクセスランキング1位に見慣れた「Jiro」という文字が。Bloombergだからすきやばし次郎かと思いきや、「ラーメン二郎」。

ユーザーコメントも以下の通り、Bloombergとは思えないコメントばかり。以下が全てです。これ以上でもこれ以下でもありません。誰一人まともに文章でコメントを書いていません。

  • Great place

  • YASAI DOUBLE NIN-NIKU DOUBLE

  • ZENBU PLEASE.

  • NINNIKU-ABURA-KARAME, PLEASE

  • Hara Ippai desu

  • NIN-NIKU IREMASUKA?



これわひどいw

ていうか、なぜBloombergのDINEで二郎がランキング一位なのだ!
[PR]
by linate | 2009-08-17 20:39 | マーケット雑感

15歳のスターアナリスト誕生?

モルガンスタンレーの欧州メディアアナリストチームが、最近インターンとして受け入れた15歳の少年に、10代のメディア消費をテーマにレポートを書かせていました。書かれてある内容はまあ、音楽は違法ダウンロードサイトから落としているし、有料の購読料を要求するサイトなんか利用しない、といった彼らの購買力を考えるとそんなもんだろう、という感じで特に驚きもありませんでした。

私が驚いたのは、その後のFTやBloomberg等のメディアで、彼のレポートが"one of the clearest and most thought-provoking insights we have seen."と表現されていたり、レポートへのレスポンスが通常の5倍にものぼった!と驚きを以て報道されていたことです。あの程度の内容で感嘆しているくらいの感性で、投資したり業績予測なんかやっててもいいのかよ、という意味で。欧州も日本と変わらず、投資関連のコミュニティはそういう時代からやや遠ざかったおじさんにdominateされているんだなあと、やや気が遠くなりました。

More
[PR]
by linate | 2009-07-14 00:50 | マーケット雑感

デフレの話で盛り上がっているようですが

最近の話ではなく数ヶ月前の話なのですが、ECBのじいさま達以外インフレ懸念のイの字も発していなかった頃のこと。Bloombergを見ていたら、「デフレは実質所得を押し上げるから消費にプラスだ」としれっとのたまうロンドンのエコノミスト… 一人で家でテレビを見ていた時だったのですが、ものすごい脱力感に襲われてしまいました。

バブルの後遺症とはどんなものか、デフレとはどんなものか、日本が体を張って世界中にレッスンを残したのですが、だ〜れも日本のことなど気にしてくれてないんだなあと思いました。そのくせ俺たちは日本にはならないと抜かすわけで。
[PR]
by linate | 2009-06-28 11:46 | マーケット雑感

イスラエルと韓国はMSCI Developedに昇格するか?

起きたら発表されているはずです。下馬評ではイスラエルは当確、韓国は落選らしいです。

非アルファベット圏と非漢字圏には出張したくない(ぱっと辞書で調べられない言語は何かあったときに対する恐怖感がぬぐいがたい)ので、どっちも勘弁して下さい。それと、通貨の取り扱いに制約の多い韓国は正直、investabilityという点で先進国と言えるのかどうか個人的には疑問です。面倒なのでお願いだからやめて欲しいです。イスラエルの通貨はシュケルというらしいのですが、こちらは全然知識がありません。

[追記] 結局イスラエルDeveloped昇格、韓国Emerging現状維持と。よかったよかった。やっぱり為替が最大のイシューであり続けたようですね。こればっかりは法律を改正しないとどうしようもないし、MSCIごときで韓国政府が動くとも思えないので現状維持が続くのでしょうか。
[PR]
by linate | 2009-06-16 00:47 | マーケット雑感

そろそろ

東欧方面がまたきな臭くなってきましたね。

最悪期は過ぎたとか、ファンダメンタルズは改善しているとか、リスク許容度が戻ってきたとかそういう声にかき消されていたと言いますか、忘れ去られていたと言いますか、でも東欧の地雷原各国はせいぜい小康状態が続いていたか、忘れ去られていた中で悪化を続けていたわけで、決して改善していたわけでもなかったんですよね。東欧通貨が以前の水準に戻ったわけではないので、過剰債務問題はまだまだ変わらずそこに存在します。つまり、東欧に貸しこんでいる西欧銀行のファンダメンタルズも決して改善するわけがないのです。

どこか1カ国の破綻が引き金になり、再度欧州全域に飛び火するか、IMFのサポートが効いてそのどこか1カ国だけでとどまるのか。
[PR]
by linate | 2009-06-05 01:09 | マーケット雑感


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

お気に入りブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧