カテゴリ:その他( 25 )

変わりゆくファベーラ

先日は出張で南米に言っておりました。簡単にいえばブラジルです。出張ですので会社の資金をつかって訪問しておりますので、ブラジルのGDP見通しがどうのとか、消費動向がどうのとか、銀行セクターのcredit availabilityがどうのとか、そういうのは社内レポートだけに留めなければなりませんが、会社へのレポートには関係ない部分での気づきでも今回はお話ししてみようかと思います。

今回のネタは「ファベーラ」です。ファベーラとは一言で言えばスラムです。ブラジルに行かれた方は大抵、空港と市内への移動の際にご覧になると思います。いかにもみすぼらしい今にも崩れそうな住宅が密集した区域のことです。ファベーラの多くは、ブラジルの北東部や西部などの農村地帯の貧しい地域からサンパウロやリオデジャネイロ他大都市に出てきたものの、多くの場合お金もなく着の身着のまま出てきた場合もあり、空き地を不法占拠したことが成り立ちになっていることが多いそうです。

(長くなりますので続きはこちらをクリック)
[PR]
by linate | 2012-01-26 12:49 | その他

iPhone coming to Verizon Wireless?

正式なプレスリリースもないのですが、2011年1月よりVerizon WirelessでもiPhoneが提供されるというニュースが、ほぼ確定という勢いで今日の冴えない相場の中を駆け巡りました。

Verizonだけということってあるんでしょうかね。今までAT&T独占だったものが崩れる。そうするとVerizonだけでなく、 Verizonと同じ通信規格CDMAを採用するSprintで提供されないのだろうか、されないのだとしたらなぜか。せっかくiPhoneサイドが周波数に対応したT-mobileで提供されないのだろうか、されないのだとしたらなぜか。VerizonはCDMAではなくLTEではないのか? とかいろいろ疑念が尽きません。
[PR]
by linate | 2010-06-30 11:01 | その他

iPhone 4発表

6月7日にサンフランシスコで開催されたWorldwide Developers Conference 2010のオープニングキーノートで、大方の予想通り、みなさんも既にリーク画像でご覧になったiPhone 4が発表されました。

アメリカの大都市、特にニューヨークとサンフランシスコのような、大都市圏ではiPhoneが爆発的に普及してしまい、iPhoneユーザーのやりとりするデータ量が他の機種に非常に大きかったことから、アメリカで独占的にiPhoneを取り扱うAT&Tのネットワークに輻輳が頻発するという事態が発生してしまっています。このためアメリカでは携帯キャリア最大手かつ、ネットワーク品質という意味では最も信頼度の高いVerizonでもiPhoneを販売して欲しいという要望が日に日に高まっています。

しかし、iPhone 3G/3GSの採用する通信規格はGSM/UMTSという規格のため、CDMAという通信規格を採用するVerizonのネットワークではそのままでは利用できません。さらにアップルは他の携帯端末メーカーと違い、地域ごとに異なる通信規格、周波数帯に合わせた機種を複数用意して販売することはせず、製造・在庫管理の効率化のために単一通信規格、単一セットの周波数帯の組み合わせに対応した1機種のみを全世界のキャリア・消費者に販売しています。そのためいくら米国最大のキャリアで消費者からの要望は高くても米国でしか売れないCDMA対応のiPhoneを販売するかどうかは若干疑問でしたし、AppleとAT&Tのアメリカ国内での独占販売に関する契約は2007年の初代iPhoneから5年間有効であるとの噂もありました。

一方、米国にはAT&Tの他にもGSM/UMTSという通信規格を使うキャリアがもう一つ存在します。ドイツテレコムの100%子会社T-Mobile USAです。しかしながら、通信規格は同じなのですが、T-Mobileの場合はAT&Tとは3Gと呼ばれるUMTSの周波数帯が違うのです。そして、iPhone 3G/3GSのUMTSチップはT-Mobileの使うUMTS周波数帯に対応しておらず、データ通信速度の点で劣る2Gと呼ばれるGSMの周波数でしか使用できなかったのです。

前振りが長くなりましたが、そこにiPhone 4の登場です。このiPhone 4は5種類のUMTSの周波数帯に対応していることがFCCに提出されている文書で明らかになっており、ついにT-Mobile USAのUMTSの周波数帯に対応することになりました。

米国では長くVerizonからiPhoneの登場が多くの人から待ち望まれていますが、AT&Tの大都市での顧客を他のキャリアに誘導し混雑解消と顧客の不満解消を図るのであれば、何もVerizonとまで行かなくともT-Mobileに分散させれば十分ではないかと個人的には思いますし、VerizonをはじめとするCDMAキャリア対応版を出すことはこれまでアップルがこだわってきた通信規格については単一のチップセットで対応するという原則を反故にするということにもなります。なにより、CDMAを採用するキャリアはどんどん減少中です。人口密度の低い地域では少ない基地局でクオリティの高い通信を実現出来るという特徴のあったCDMAは米国の他にもカナダ、オーストラリア、ブラジル等で採用されていました。しかし、GSM/UMTS陣営の方がカバー人口で圧倒的に勝り、携帯端末のバラエティとコストの低さの前には最終消費者への競争上の不利さが明らかになり、そうした米国以外のCDMAキャリアはどんどんUMTSのネットワークを新たに敷設し直し、CDMAから離脱する動きを強めています。ですので、今更アップルがほぼ北米でしか売れないiPhoneを製造販売するより、ユーザーからの要望はどうあれ、AT&Tに集中するiPhoneトラフィックの分散を図る、ということが目的であれば、Verizonである必要はなく、T-Mobileのネットワークを使えば十分その目的は達成出来るのではなかろうか、と考える次第です。

とまあ、どうでもいいことを書き連ねましたが、今日はこの辺にしておきます。
[PR]
by linate | 2010-06-08 11:58 | その他

Bora Bora

バカンス中です。
b0102654_18725100.jpg
b0102654_1892193.jpg

[PR]
by linate | 2009-03-10 18:18 | その他

アメリカンジョーク?

とある企業のIRを訪問中にこんなことを言ったらゲラゲラ笑われました(一応私もウケ狙いで言ったつもりでした)。

"We are not provided Blackberries because our company seriously take care of employees' wellness."

本当は単純に、うちは純日本企業なのでBlackberryとかそういうのに疎いだけなんですけどね、うちの会社。
[PR]
by linate | 2008-01-05 20:45 | その他

La grève nationale!

日本でも報道されているので皆様ご存じの通り、フランスはスト中です。鉄道の運行本数が大幅に削減されていることもあり、朝晩のラッシュ時の道路網の渋滞はそれはもう悲惨です。私は時間に余裕を見て出かけていたので、私の仕事のスケジュールには影響はありませんでした。しかし、先方曰く、出社できない社員が多いだとか、朝のミーティングに結局来れなかったクライアントがいたとかで、社会生活への影響は相当大きいようです。

最も現在大規模にストを展開しているのはフランス国鉄SNCF、パリ市交通局RATPをはじめとする鉄道系労組で、これがフランスの市民生活を直撃しています。20日からは鉄道に加えて教育、郵便、通信や病院関係者のストも開始される見込みです。鉄道、学校、病院等と並べておわかりの通り、公務員のストなんです。勤続37年で年金の受給資格を得るところを、一般企業と同じ40年への引き上げに反対してのストということで、一般国民から見れば公務員優遇がなくなるだけの話で、市民生活を縦にとっての公務員優遇策を維持しようという労組に対する指示はあまり見られません。ストというのはある程度、関係のない市民に対しても犠牲を強いる側面があり、ストに突入するには市民が納得する十分な理由付が必要だと個人的には思いますが、今回の公務員ストは必ずしもそうした国民合意があるわけではなく、このままストを続ける度胸が労組側に果たしてあるやいなや。「それがフランス人だよ」と自嘲気味に言ってのけるフランス人もいましたが。それにしても社会的に優遇されがちな公務員に対する冷ややかな目というのは洋の東西関係ないものであるなと。

b0102654_7151572.jpg
いつ来るやもわからないメトロを待ちながら。

(追記 2007年11月24日)
タイトルに定冠詞を加えました。
[PR]
by linate | 2007-11-20 07:20 | その他

青い!

b0102654_3411388.jpg


ロンドンのイギリス人に、「明日からバルセロナに行くんだ♪」と言うと、一様にうらやましげな表情をされた理由がわかるような気がする。
[PR]
by linate | 2007-11-18 03:42 | その他

UKの英語

Queen's Englishなどと呼ばれて一部の人にはさも正当な英語で有るかのように言われているUKにおける英語ですが、実際に来てみると人によっていろんな訛りがあるのに驚かされます。

UKでは階級によって喋る言葉が違うとか言われていますが、ベッカムの喋るアクセントでも知られる、コックニーなどは典型的なロンドンの労働者階級のアクセントとしても有名ですよね。オーストラリアの英語はこのコックニーの影響を色濃く残しているとも言われています。一方で、それなりに教育を受けていると思われる、私がつきあいのあるような金融の人間でも、人によって訛りは千差万別です。BBCで聞こえてくるような、癖のない英語を喋る人には現実ではあまりお目にかかることは有りません。

だもんで、正直UKの人間の喋る英語は苦手です。何言っているかわからないです。UKよりはるかに人口も多く国土も広い割にはアメリカの英語の方が地域差とか階級差を感じないので私は楽に感じます(黒人特有の訛りとかは有りますが)。

カンファレンスではイギリス人に限らず欧州各国からのスピーカーの言葉を聞く機会に恵まれますが、UKっぽい訛りか、アメリカっぽい訛りかでその人の教育や職業上のバックグラウンドの一部がかいま見えたりして面白いです。
[PR]
by linate | 2007-11-16 04:23 | その他

ロンドンの物価

現在はバルセロナにいますが、今日までロンドンにいました。本当は今日からカンファレンスがあるため昨日の夜にはバルセロナに入るはずでしたが、ヒースローから乗るはずだったイベリア航空がエンジン故障でフライトキャンセルになり、そのままヒースローで1晩を過ごすハメになり、今日丸一日をフイにせざるを得ませんでした。と、これ以上書くと文句と愚痴ばかりになりそうなのでこの話はもうやめます。

で、タイトルの件です。

言うまでもなく、円安のおかげでロンドンの物価が高くてしょうがなくてろくに買い物もしませんし、満足な食事もとってません。ふと考えたのですが、ポンド高じゃなかったとしたらロンドンの物価はどうなんだろう?と。私が学生の頃はGBP1.00=JPY180程度だったように記憶しています。それを街のあちこちで見かけたプライスに180をかけたとしても、それでもやっぱ高いじゃん、と思うことが多かったのです。例えば500mlのコークのペットが£1.20って180円だとしても200円を超えているわけで、どこでどうやったらそのプライスをつけられるわけよ?と。一時期日本では「価格破壊」なんて言葉がもてはやされ、異常に高かったとされる物価が修正される局面がありました。ロンドンでも裁定の働きやすそうな商品に関してはそのうち修正される局面が来るのではないかと思っているのですが。

ただ、一方で日本が相対的にですが貧しくなったなあとも思います。給料全然上がってないどころか、下がったまんまですからね。途上国からの挑戦を受けやすい製造業の存在感が大きく賃金もそれとの相関が発生してしまう日本と、金融とサービスセクターの存在感が大きいUK、という違いでしょうかねえ。

同時に、金融セクター主導の好景気はまだまだ続いているなという感じはしましたが、Heathrowのイミグレーションを抜けた後の待合いロビーにキャビアバーがどかーんと出店しているのを見るに至っては「これはバブルだ。バブルに違いない。どこかで破裂しないわけがない!」と根拠なき直感が私の中を突き抜けました。
[PR]
by linate | 2007-11-15 07:50 | その他

彩り/Mr. Children

YouTubeの動画を埋め込もうとしたらエキブロではダメだとはじかれたので、こちらのリンクから。


ただ目の前に並べられた仕事を手際よくこなしてく
コーヒーを相棒にして
いいさ、誰が褒めるでもないけど
小さなプライドをこの胸に勲章みたいに付けて

僕のした単純作業がこの世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の笑い声を作っていく
そんな些細な生き甲斐が日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に
少ないけど 赤 黄色 緑

今 社会とか世界のどこかで
起きる大きな出来事を取り上げて議論して
少し自分が高尚な人種になれた気がして
夜が明けてまた小さな庶民
憧れにはほど遠くって手を伸ばしても届かなくて
カタログは付箋したまんまゴミ箱へと捨てるのがおち
そして些細な生き甲斐は時に馬鹿馬鹿しく思える
慌てて僕は彩りを探す
滲んでいても 金 銀 紫

ただいま
おかえり

なんてことのない作業がこの世界を回り回って
何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく
そんな些細な生き甲斐が日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に増やしていく 水色 オレンジ

なんてことのない作業が回り回り回り回って
今僕の目の前の人の笑い声を作ってゆく
そんな確かな生き甲斐が日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に頬が染まる 暖かなピンク
増やしていく
きれいな彩り



最近CMで流れてるけど、いい歌だって思いません?
ミスチルの歌ではじめていいなと思いました。

最近金融ブログ界で流行中の替え歌もできそうですが、
私はネタが思いつきません…
[PR]
by linate | 2007-09-11 20:26 | その他


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧