LBOデット市場崩壊?

他のブログでもいろいろと議論されていますが、サブプライムCDO市場の崩壊をきっかけとして影響がLBOディールにまで波及しています。KKRによるAlliance BootsのLBOローンのシンジケーションが失敗に終わり、サーベラスがスポンサーになっているクライスラー買収ディールもデットに対する需要が今年の前半では誰も想像できなかったほどに低迷していると各種メディアが報じています。これからローンチする案件も、銀行団とPEファームとの間の交渉が行き詰まっているという報道もあり、買収ディールに不可欠なデットが調達出来ない可能性を見込んで、TXU等「決定済み」とされていた銘柄の株価がじりじりと下がり始めています。
b0102654_0295779.jpg

何をきっかけとしたのかは忘れてしまいましたが、1ヶ月半から2ヶ月くらい前からなんとなく買収ファイナンスがダウンサイドに入るのではという予感がしていました(こういうことがあるから、ブログはこまめに書いておいた方がいいですね…)

このLBOブームが崩れてきた原因はベアスターンズが売却に事実上失敗したサブプライムCDOを発端として、住宅ローンCDOのみならず、LBOローンのCLOもMoody'sやS&P等の格付「会社」による格付に疑問符がついたからだと言われています。あるいはCDO/CLO市場のメインプレーヤーであったヘッジファンドが解約対応に追われて、新規投資をする余力など残されていないからだとも。

私はそんなことよりもっと単純に、これまでディールを作る主体でありイケイケドンドンのPEファームの圧倒的な交渉力を前に、ディールサイズの巨大化、レバレッジの引き上げ、スプレッドの低下、covenants lightに代表される融資条件の緩和等、デット投資家はそうした条件のローンやハイイールド債を粛々と引き受けてきていました。しかし、スプレッドはこれまでの底であった平均300bpを割り込み、かつてはエントリーのDebt/EBITDA倍率は2.5x-4.0x程度であったものが産業によっては9x以上に達するなど、PEが「やりすぎ」てデット投資家が心理的にも「マジ切れ」し始めたことも結構大きいと思うのですが、現役のバンカーの方、いらっしゃれば市場の感触を是非(って私のブログに立ち寄ってくれる人なんていませんよね…)。

今のところQ2の決算はポジティブなものが多く、企業業績が堅調である以上は買収期待が剥落して値を落としている銘柄があれば積極的に拾いに行くスタンスでいます。

しかし、一部市場でシビアに始まっている住宅価格の調整が全米レベルに波及するようだと、Home Equity Loanで資金を調達して消費にまわしていたアメリカ人の消費行動に劇的な変化が現れかねないという恐怖感もあります。それ故、going forwardということで言えば、サブプライムではなく、私はHEL市場を注目すべきだと思いますが、如何でしょうか。

b0102654_021515.jpg

それにしても、BXの上場時に半ば冗談で「BXの連中が今が逃げ時だと思っているから上場したんだ。この上場がバイアウトブームの終わりの始まりだ。」と言っていたら本当にバイアウトブームが終わりそうです…
[PR]
by linate | 2007-07-31 00:21 | マーケット雑感


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧