他人の不幸は蜜の味

私のチームで運用しているのはtraditionalな株式のアクティブファンドですので、当然にしてベンチマーク運用です。ベンチマーク運用とは相当単純に言ってしまえば:

  • ベンチマークとなるインデックスに入ってないけれどもインデックスを上回るリターンを上げる銘柄を持つ;
  • インデックスに入っている銘柄だけどインデックス平均を上回るリターンを上げそうな銘柄をインデックス内の比率(ウェイト)よりも多く持ち;そして
  • インデックスに入っている銘柄だけどインデックス平均を下回るリターンにとどまりそうな銘柄を全く持たないか、インデックス内のウェイトよりも少なく持つ

ことによりベンチマークを上回るリターンを上げることを目標とします。

昨日のカナダ市場の引け後、カナダ財務省はincome trustに対して課税を行うべく法改正を検討すると発表しました。income trustとは日本語に訳すと事業所得信託と言うそうで、income trustが産む収入に対しては法人税が課されず通常の会社形態(corporation)からincome trustへの転換も可能です。income trustの持ち分はtrust unitと呼ばれ株式と同じく取引所での売買も可能です。法人税が課されないということは株主へのリターンが増すということで、income trust銘柄は同じ業種のcorporation銘柄よりも高値で取引されていました。株主価値の最大化を図るべく、最近もcorporationからincome trustへの転換を行うと発表する会社もいくつかありました。
一方で、カナダ政府から見ればincome trustへの転換の動きが広まるにつれてそれだけ法人税収が減少してしまうことと、税の公平性の問題からincome trustを現在のまま放置してしまうことはずっと問題視されていました。課税が事業者段階ではなく投資家段階に移転するだけではないのかという話もありますが、なんだかんだで最終的な投資家はtax-exemptな年金であることが多く、事業者の段階で課税できないとやはり税収は減ってしまいます。公益企業的側面も持つ通信企業であるBCEやTelusが相次いでincome trustへの転換を発表したときにはカナダでは相当なショックを持って受け止められ結構物議をかもしていました。

さて本題に戻りますが、まだリサーチが行き届いていなかったためカナダ銘柄はバリュエーションもPMへの推奨も行っていなかったので我々のポートでは非保有でした。そこにこのニュースが出てきてincome trust銘柄もしくはincome trustへの転換を発表していた銘柄は時価総額に関係なく軒並み大きく下落したことから、インデックスのパフォーマンスを悪化させ、我々のファンドの相対的なパフォーマンスに好影響を及ぼしました。

今朝は朝起きてBloombergでカナダ銘柄が10%以上急落しているのを確認して「よっしゃ!」とガッツポーズでした。ということで積極的に勝たなくても他人が負けてくれることもうれしいというお話でした。
[PR]
by linate | 2006-11-02 21:59 | 仕事


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧