驚いたこと

アメリカって鉱工業生産の数字の影響を与えるほど食料品・たばこの生産ウェイトが高いだなんて初めて知りました。

確かにKraftとかKelloggとかHeinzとか巨大企業多いですけど、生産はリオグランデの向こうでやってるのかとばかり思ってました。農業国なので、自国の農産品をいちいちメキシコに送って、完成品をアメリカに送り返すなんてやってると逆にコストがかかってしゃーないってことなんでしょうか?



日本の景気の落ち込みはなぜ米国よりが大きいのか−日銀が謎解き
2009-02-20 07:49:00.81 GMT

【記者:日高正裕】
2月20日(ブルームバーグ):昨年9月の米リーマン・ブラザーズの破たん以降、世界経済は金融と実体経済の負の相乗作用の広がりを伴いつつ厳しい調整局面に入っており、日本経済も大幅に悪化している。日本が世界的な景気後退の震源地である米国に比べても大幅な景気の落ち込みに見舞われているのはなぜか。日本銀行が謎解きを行った。

昨年10−12月の鉱工業生産は、米国の前年同期比6.1%減に対し、日本は14.8%減。同期の実質GDP(国内総生産)成長率も、日本は米国よりも大幅なマイナスを記録した。日銀は20日公表した2月の金融経済月報に「最近の鉱工業生産の大幅な減少について」と題した論文を掲載。日本の生産の落ち込みが米国よりも大きいのは「日米製造業の構造の違いが大きく影響している」として、次の3点を挙げている。

第1の点は、鉱工業を構成する産業のウエートの違い。日本は落ち込みの大きい輸送機械(自動車等)、電気機械類(電子部品・デバイス、電気機械、情報通信機械)、一般機械(設備機械等)の3業種で「全体の約5割を占めている」のに対し、米国はそれに対応する業種の比率は「2割程度」に過ぎない。米国では落ち込みの小さい食料品・たばこや鉱業の比率が高くなっているほか、電力・ガスも指数に含まれている。

第2に、「輸出の大幅減少が影響している」という。輸送機械など3業種ではウエートだけでなく、生産の落ち込み幅自体も日本の方が大きい。日本はこれら3業種を中心に、製造業の輸出比率がもともと米国より高く、近年は新興国・資源国の需要拡大や為替円安を背景に輸出比率はさらに高まっていた。また、現地在庫の圧縮や為替円高も「日本の輸出にマイナスに作用していると考えられる」という。

米国のショックを受けやすい

第3が需要ショックの波及効果の違い。輸出が増加すると、その生産に必要な財・サービスの国内取引を通じ次々と他の製造業の生産を誘発する。日本は「部品や素材の国内調達比率が高いことから、こうした最終需要の製造業生産に対する誘発力は高い」。一方、米国は部品調達を輸入に依存する度合いが高く、需要ショックが海外に流出しやすい。

このことは「電子部品・デバイスを中心に品質の高い部品類を多く輸出している日本が、米国におけるショックの影響を受けやすいことを意味する」(日銀)。BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミスト「世界同時好況の恩恵を享受した経済主体の一つが日本の輸出セクターであり、現在その大きな調整を強いられている」と指摘している。
[PR]
by linate | 2009-02-21 23:39 | マーケット雑感


株屋ですよ。


by linate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
CFA
マーケット雑感
銀行員時代
学生生活・留学
その他
NY・アメリカ生活雑感
未分類

最新のトラックバック

民主党・鳩山代表を応援し..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
GM、連邦破産法適用申請
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
民主・中川氏「ドル建て米..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
‘UK has noth..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..
経産次官「デイトレーダー..
from 歌は世につれ世は歌につれ・・..

以前の記事

2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
more...

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
本石町日記
TJアドバイザーズ代表T...
ベルリン中央駅
投資銀行家への道
ウォールストリート日記
Tori Box
ロンドンより愛を込めて
千丸日記
New York, NY...
PAA blog
It's a Small...
Playing with...

ブックマーク

ライフログ



その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧